円滑に進めるために

ノートパソコンと電卓

離婚しない場合注意したい慰謝料請求

夫または妻が浮気をした場合で離婚を選択しなかった場合でも、浮気相手に慰謝料を請求することができるようになっています。一方(自分側)が既婚者である場合には問題なく請求を行うことができますが、双方が既婚者の場合には注意しなければならないことがあります。それは相手側の浮気相手(不倫相手)の配偶者からも慰謝料の請求が行われる可能性があるということです。相手側がその浮気により離婚した場合には当然ですが慰謝料の額が高くなる可能性もありますので、返ってこちら側が損をしてしまうこともあります。また離婚しないのであれば財布は一つですので夫婦の財布から配偶者が支払わなければならない分を負担する必要があります。慰謝料が全額もらうことができないということもありますので注意が必要です。

金額は当事者間で決めることができる

離婚しない場合でも注意点を理解していれば当然の権利として請求することができる慰謝料ですが、請求はどのようにすればいいのでしょう。弁護士を通して行うというのが一番わずらわしさを省くことができる方法です。しかし弁護士を頼むためには当然ですが費用が必要になり、双方が既婚者といった場合には支出のほうが大きくなってしまうこともしばしばです。支出をできるだけ抑えるためには、少し嫌な気分になるかもしれないですが当事者間で話し合うという方法もあるのです。実は裁判などによらずに慰謝料を決定することは可能で、当事者間でも話し合いにより解決可能となっています。しかしながら当事者間での話し合いでは支払いを怠るケースもありますので、公正証書を作成しておくことがテクニックです。示談書を公正証書にしておくといざという時には便利です。