エキスパートへ相談

ファイルを見る男

会社のたたみ方について

ビジネスの世界は非常に競争が激しく俺会社設立行っても3年以内に多くの会社が廃業すると言われています。ですから、綿密な計画を立てて起業をすることをお勧めします。しかしながら、チャレンジをしなければ何も始まりません。思いっきりチャレンジをして失敗すればそれに対処すればよいのです。もちろん、永続的な会社経営を行うことができればそれに越した事はありません。常に会社が終わってしまうことを考えながら経営している人はいないはずなのです。そうは言っても、会社が終わってしまうことのあんだんをしなければならない時があります。そのようなときには、粛々と法的手続きを進める必要があります。法的手続きを行わないと言う選択肢はないのです。

会社清算の手続きについて

会社経営を断念すると決めた際には会社清算の商業登記の手続き必要になります。会社清算とは、破産とは異なります。たとえ借金などの負債がなかったとしても会社清算を行うことができます。その判断は経営者に委ねられます。例えば、今後の経営改善の見込みがない場合など、会社清算を行うことが有効です。そして、その会社清算を行うためには会社清算にまつわる商業登記を行う必要があるのです。商業登記を行う際には、商業登記のエキスパートに依頼するようにしてください。商業登記のエキスパートとは司法書士のことを指します。司法書士は、不動産登記や商業登記の専門家なのです。会社清算についても、依頼に基づき代理業務を行ってくれるのです。