当事者同士よりも

ソファと応接室

最近は、お互いで話し合い円満離婚するというよりも弁護士を仲介に入れて、話し合いをして離婚をすることが多くなってきています。なぜなら、当事者同士で解決を使用としても難しい場合があるからです。

Read more

円滑に進めるために

ノートパソコンと電卓

離婚問題は慰謝料が関わってくるので、注意が必要です。なぜなら、当事者間での話し合いでは支払いを怠るケースもあるからです。その際には、弁護士を通して行うというのが一番わずらわしさを省くことが必要になってきます。

Read more

依頼してみる

キーボードと女性の手

会社清算の時に必要な書類を作成しなければなりません。それは自分で行おうとすると、時間が掛かってしまいます。そのため、依頼をすると便利です。司法書士は、会社清算に関する商業登記を代理することができます。

Read more

エキスパートへ相談

ファイルを見る男

会社経営を断念すると決めた際には会社清算の商業登記の手続き必要になります。そうなると、商業登記のエキスパートに依頼をするととても便利です。それはつまり司法書士を言います。

Read more

事故相談は弁護士に

グラフと人形

頼れる弁護士は大阪で探しましょう。悩み解決の糸口を一緒に見つけます。まずは無料相談で気持ちを軽くしましょう。

困ったトラブルを解消したいときに活躍する弁護士は大阪で見つかります。法律に基づいてスキのない問題解決を試みてみましょう!

もらい事故なら、加入している自動車保険からはお金はおりません

交通事故の被害にあったら、加入している保険会社に連絡すれば対応してくれると思っていませんか。 残念ですが、交通事故の加害者でない限り、加入先は対応してくれません。自動車保険は賠償することを前提にした保険です。過失がない被害者であれば、賠償請求は発生しません。 赤信号で停止しているときに、後ろから追突されたなどのいわゆる「もらい事故」と呼ばれるものも、その一つです。車の修理や被害者の怪我の治療費などは、加害者の保険会社から支払われます。ここまで話を進めると、なんとなく勘付いた方もいるかもしれませんが、加害者の保険会社にとって被害者は、お客様でもなんでもありません。ですので慰謝料や賠償金は最低ラインでおさめようと考えます。

弁護士をつけると裁判になるんでしょうか

ですから、簡単に保険会社の話に同意してはいけません。一度示談に同意してしまうと、後から金額アップの要求をしても無駄です。 でもそもそも、示談金の金額も妥当かどうかわかりません。妥当かどうか判断してくれるのが交通事故問題専門の弁護士です。専門弁護士なら一目瞭然でしょう。被害者側に不利になるような内容であれば、弁護士が保険会社に交渉することができます。交通事故問題専門の弁護士事務所のホームページをご覧になっていただければ、わかりますが、弁護士に依頼した結果、慰謝料や示談金が〇倍になったという事例が掲載されています。 弁護士をつけると、裁判になってしまうのではないかと心配する人もいますが、たいていの場合、裁判には発展しません。保険会社も弁護士が相手だと対応が変わるようです。弁護士が求める金額が無謀なのではなく、裁判所を基準とした適正な金額の要求だから当然と言えば当然な気もします。 弁護士をつけても、裁判までにはならないようですし、弁護士費用も賠償金から差し引かれますから安心してください。

オススメリンク